スキップしてメイン コンテンツに移動

菅原信介生誕祭@Bar Rhodes


上京して一ヶ月くらいたったある日、

たまたま歩いていた池袋の路上で、

素晴らしい歌声が聴こえてきました。




今まで路上ライブに立ち止まった経験が一度もなかったんだけど

思わず引き寄せられてしまう歌声




一曲だけ聴いていこう。




そう思っていたら

詞、曲があまりに素晴らしくて

ぐいぐい引き込まれていきました。


聴いてるみんなも幸せそうで




勇気を振り絞って
えいやーーーー!と話しかけて



その姿をあたたかく見守って頂いている中


その場で急遽セッションさせて頂きました。






帰り際に、

「路上ライブしたいなと思っているんです。」

なんて話をしていたら、



なんと後日、

以前使っていたアンプを譲ってくださって
、、、涙




今、東京の路上でみんなに歌を聴いてもらえているのは

信ちゃん汁のたくさんつまった。

そのアンプちゃんのおかげなのです。







そんな信ちゃんから、

ある日ご連絡を頂いて、




「今度生誕祭ライブをするから、
一曲歌ってくれないかな?」と




素晴らしきゲストの方々の中、

ほんとにあたしでいいのかな。。。




なんて、思いながら、


でも信ちゃんのお気持ちが嬉しくて、




ありがとう。とおめでとう。
の気持ちを込めて、
「みえないもの」
という曲を歌わせて頂きました。




当日、素晴らしいゲストのみなさんとお会いして
お一人お一人の歌を聴いて

ますます大好きになってしまいました。


すごく個人的な気持ちだけど、感動したので書かせてね。

ローラちゃんこと、横沢ローラさん。

初めてお会いしたのは、
上京してほんとすぐ。

初対面から、
うわーこの方の歌聴きたいなー。

魅力がキラキラ出ていて、
人見知りのあたしが、
ローラちゃんとはまた会えたらいいなぁ。
なんて、出会った日に感じていました。

曲の世界観や音楽性もすんばらしくて、
歌詞に登場するのは、
蚊とか蜘蛛とかクジラとかなの

なんだか世の中の仕組みや真理を
優しく愛おしく時にコミカルに描かれているなと感じて、
きっと、いろんな景色が見えている
オモローで魅力的な方なんだろうな。
って、歌を聴いて思っていて、
ご一緒してよりそう思った。

そして、なんといっても歌声が好き。
コケティッシュで、空を自由に飛ぶ小鳥のような、
ぬくもりのあるチャーミングな歌声、
ああまた聴きたいよし聴こう。






そして、ルンヒャンさん。
隣のお席で、
ずっとライブを聴かせて頂いていたんだけど、
もう、美しくて。

容姿端麗はもちろんなんだけど、
内から出てくる品というか、
知性というか、
人として美しい方だな。と、

近距離でお顔を見てお話するのに、
始終ドッキンドッキンしておりました。
おっちゃんみたいでソーリーですw

で、数々の素晴らしい名曲の中から
どの曲を聴かせて頂けるのかな。
とワクワクしていたら、

まさかまさかのお題セッション!!!
会場のボルテージUP!!

うおーなんなんだー、、、、
あっと言う間に会場を笑いの渦に、、、
こういう面をお持ちだからさらにまた、、、
魅力的すぎるやろうーーと、、、 
そのGAPと、
信ちゃんへの愛や
信ちゃんファミリーのみなさんへの
さりげない心くばりに、
ノックアウトでございました☆





そして、
まりりんこと、
くろさわまりささん。

信ちゃんのライブで初めてお会いした時から、
あーなんだか
あたたかく包み込まれるような方だなぁ。
と感じていて、

歌が体から放たれた瞬間から、
空気が揺れて、風が吹いて、
雲間から陽がさして、
大地に光が降り注ぐようで

空間の色や湿度や温度がかわっていくような
深い愛と、安らぎ、希望に包まれる歌声。

心の深いところ、
体の奥の方からじんわり
エネルギーが湧き出てきて

あたたかくて確かな意志を持った力が、
体中に染み渡るようでした。
お人柄が滲み出る
素晴らしい歌声。
うううう、また包まれに行こうっと。




そして、たくちゃんこと、
ギターとボイパの朝田拓馬さん。

一曲一曲、
ものすごく丁寧にサポートされていて、
きっと曲の奥側までじっくり向き合って、
信ちゃんの歌心を感じて演奏されているんだなぁ。


信ちゃんの縦横無尽にうごめく
素晴らしい表現力と、
うねるようなビートやリズムを
優しく優しく包み込んで
アシストしているような。

自分の作った大切な曲を
あれだけ丁寧に向き合って
サポートして頂けたら、
すごくすごく幸せだろうな。と


ステージの上での存在感も、
音色のように
優しく包み込むようで、
素敵だったなぁ。





そして、

会場のみなさんや、

Bar Rhodesのゆき姉さんやみなさん、

おひとりおひとりが
すごくすごくあたたかくて、



みんなが信ちゃんの歌に
聴き入っていて、

それを見守るような空気感。



なにか素敵なものを
みんなで交換しあっているような



そしてそして
その会場のみんなを空間ごと、



抱きしめている
信ちゃん。

tight!tight!


もうね、
この方は凄すぎるよ。



あー、

あの空間にいさせてもらえて、

幸せだったなぁ。




と、思い出すだけで、

またじんわりする



素晴らしい夜でした☆






ルンヒャンさんからのBDプレゼント
かえるちゃんリュック、めちゃカワワ!





コメント

このブログの人気の投稿

最近の楽しかったこと☆

秋、あき、アキアキアキアキ
みなさまいかがお過ごしですか?



銀杏爆弾💣もひと段落して

お家の前のイチョウ並木
陽の光をうけて
発光しているかのごとく
連日すごく美しいです。




さてさて、 最近の楽しかったことを♪


今年の年始、 w-inds橘慶太くんのソロツアーにコーラスで参加させて頂いた時の相方。

亜美ちゃんと久しぶりに御飯☆


久しぶりの再会、 感動の再会になるはずが、、 ちょっとしたアクシデントはあったけれどw わたしの口からは...

詳しくは亜美タソのツイッターへ @Ami_nodonarashi フォローしよう☆ (勝手に載せちゃったw)


ほんと、いつ会っても気持ちのいいお方。

何気なーーく キャハキャハ笑いながら サラッと、でもすっごく芯をつく 熱のある言葉をくれる先輩。

この方の前だと 安心して素直になれる。


好物のタイ料理と タイのビール⁉︎をたらふく頂きまして

近況話しているうちに いつの間にかスタジオへ。。。w



全力で楽しむ大人。 好きだなぁ。
最高にわちゃわちゃして、
懐かしのあの曲達をお手本に  各自練習中の楽器であそびました!
しかし、改めて曲いいわぁ!!! かっこいいなー!!!! なんて、テンションぶち上がりながら楽しんだのでした。

このブログ動画載せれないのかぁ。。 亜美タソの萌えキュン動画あるんやけどなぁ。。。

ミトん家 vol,5

昨夜は、ミトカツユキさんの『ミトん家 vol,5 』にお邪魔させて頂きました♪




ご一緒させて頂いた方々それぞれに素晴らしくて温かな空間だったなぁぁ〜〜♪♪

とっても主観的な内容になってしまうかもしれませんが、、、ライブに残念ながらお越し頂けなかった皆さんにも感じて頂けたら嬉しいので書かせて頂きます。



野場郁弥さん
丁寧でツヤのある紳士的な歌声や風貌から、ピアノの演奏やMCを含めて噛めばかむほど味が出てくるような、面白く多才な方で、きっとまだ引き出しがあるし、これからもまだまだ増えて深まっていく方なんだろうなぁなんて想像し、他の曲も聴きたくなりました♪



増倉ヨシマサさん
熱くてスカッと気持ち良い、どこまでも伸びていきそうな歌声と、テクニックやコントロールという意識はもちろん、それを越えた『歌う。』ということへの真っ直ぐな気持ちや情熱、先人の方々や先輩方へのリスペクトをぐんぐん感じる素晴らしい歌声でした♪

そして、ミトカツユキさん

このブログでも何度も書かせて頂いているので、ちょっと違った内容を♪
シンガーソングライターの方がかく歌詞の中には、フィクションでもノンフィクションでも、思想や哲学など、割合はバラバラでも少なからずはいっていると思うんですが
わたしはミトさんの曲の、視点の多様さとシンプルさが共存している眼差し(物事や人を見る目線という意味)素敵だなぁと1リスナーとして思っていてもちろん歌声や曲、鍵盤奏者やアレンジャーとして素晴らしいのは言わずもがな☆☆☆☆☆


今回のミトん家vol,5も
本当にひとりひとりの事を見て聴いて考えて組んでくださったんだなぁと思う内容で

みんなを見つめる眼差し

『STEP』

東京、今日は雨ですね☂️ 東京の夜の雨、キラキラして好きだなぁ✨
さて、 この曲は3、4年前くらいにできた曲で 東京に出てきてすぐに一部歌詞を書き足しました。
今思えば いわゆる、第二思春期。 だったのかなぁ。
ついついカッコつけちゃったり 気付けば他の誰かみたいになろうとしていたり 少しでも良く見せようとしていたり 妙に大人びようとしてみたりその逆もあったり 和をみだしたくないと必要以上に人や空気に合わせようとしちゃったり

曲をつくろうと自分の内面に向き合えば向き合うほど 真剣になればなるほど 本気になればなるほど 不器用さやポンコツ具合にばかり目がいってしまい
(今となっては表裏一体で強みでもあると思えるんだけど) 全身全霊をかけて、こじらせていました。笑
もーほんと笑えるくらい空回りしてました。笑

そうか!! 良いも悪いも自分はこういう人間なんだ。って 認めてしまえるほどのタフさも自信のカケラもなく ただただもがいていた時期

そんな未熟さや稚拙さやアンバランスさをむき出しにした曲があってもいいか
もしかしたら今この瞬間 戦っていたり葛藤を抱えてて それでも平静と暮らしている 言葉に出せない誰かのかわりに歌えるかもしれない
そんな誰かにこの曲を必要として頂けるなら、、、
そんなことを思って えいやーーー!!と カタチにしました。

音楽家としても人としても 尊敬と信頼の両方を感じさせて頂いている方でないと